減築リフォームは金沢のホットリノベにおまかせ|増築・改築相談も受け付け中|ブログ|金沢でリノベーション&リフォームするならホットリノベ

0120-337-810

受付時間: 09:00~18:00 
定休日:第3、第4日曜日、祝日

スタッフブログホットリノベのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

2021.08.31

減築リフォームは金沢のホットリノベにおまかせ|増築・改築相談も受け付け中

◇アドバイザー渡部◇ニュース

減築リフォーム&増改築リノベーションは、金沢市の「ホットリノベ」におまかせ。

減築リフォームのとは?

減築リフォームと、文字通り建物の床面積をらすことを言います。

 

減築リフォームの種類

1階減築リフォーム

1階部分の面積を減らすリフォームのことを言います。

2階減築リフォーム

2階部分の面積を減らすリフォームのことを言います。

床面積減坪リフォーム

外観は変わらないですが、吹き抜けなどを作り床面積を減らすリフォームのことを言います。

 

1階減築リフォームの特徴

1階減築リフォームをされる方の多くは、ガレージを確保するためや、隣地との距離が近く光が入らなかったり、庭を確保できないことからされる方が多いです。

1階を減築することで、コンパクトな生活ができ、光熱費を減らすことができます。また生活同線も短くなりますので快適にお住まいいただけます。

 

2階減築リフォームの特徴

2階減築リフォームをされる方の多くは、家族構成の変化など、お子様が家を出られ独立した過程を築かれている場合、2階が不要になったという方が多いです。夫婦二人バリアフリーな生活をしたいという方にはおすすめです。

減築・光熱費削減

2階減築のメリット(バリアフリー)

2階を減築すると、建物の荷重が小さくなるので耐震性能が上がります。また、冷暖房効率も上がりますので光熱費も下がります。また家が一見小さくなるようにも感じますが、階段がなくなることでバリアフリー間取りの自由度も上がり以外に広く快適に過ごすことができます。将来的に車いすなどの生活になっても安心です。

バリアフリー・車いす

・バリアフリーになる。
・固定資産税が下がる。
・耐震性能が上がる。
・光熱費が下がる。などがあります。

2階減築のデメリット

メリットもたくさんありますが、注意すべき点があります。それは一度2階を減築してしまうともとに戻すことが非常に難しいことです。

お子様が家を出て、部屋が不要になったからと言って安易に減築するのは危険です。収納が減ったり、お孫様が生まれたときに子育てを手伝ったりと部屋が必要になることもあるので十分に注意しましょう。

・家が小さくなる。
・大きく戻すのが困難。

 

床面積減坪リフォーム

減坪リフォームについては、吹き抜けなどを確保するために、2階の床をなくすことです。

注意するべき点は、冷暖房効率が下がるということです。天井にシーリングファンなどを設置して家の空気を循環させるような工夫が必要です。

 

1階だけリフォームをおすすめします。

2階を減築したいという方には、1階だけをバリアフリーにするなどのリノベーションをするなどをおすすめします。

2階減築のデメリットでも書きましたが、一度減築してしまうと、元に戻す増築をするのは非常に大変な工事になりますので、2階をそのまま残して、1階だけを耐震性のも、断熱性能も向上させることで、平屋のような住まい方を実現することができます。

1階だけリフォーム間取り

 

1階まるごとリフォームや減築の施工事例はこちら

減築 リフォーム

1階リフォーム

 


最後までお読みいただきありがとうございました。

金沢市のリノベーション専門店「ホットリノベ」。

ほっと暖かく、ほっと安らげるリノベーション”をコンセプトに、耐震断熱収納2倍のリノベーションを手掛けています。

間取りの自由変更・実家二世帯化・増築/減築・バリアフリーリフォームなども承っております。

対応エリア:石川県金沢市・野々市市・白山市・津幡町・かほく市・内灘町・その他エリアご相談ください。

【最新リフォームイベントはこちら】
https://sanko-hotrenove.com/event/

【リノベーション展示場 見学はこちら】
https://sanko-hotrenove.com/modelhouse/5652/

【 資料請求はこちら】
https://sanko-hotrenove.com/request/

【リノベーション施工事例はこちら】
https://sanko-hotrenove.com/works/